ジュジュ便り

ウパと熱帯魚に振り回される日々の模様とちょっとした日記です

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿ルチが教えてくれた事

2009年08月21日(Fri) 03:04:39

何時も訪問してくださるブロ友さん・このブログを読んでくださる皆さん

心配をお掛けしてスミマセンでした。

そして馬鹿ルチと飼い主へのお気遣いは「感謝」という言葉でしか表現できませんが

どんなに嬉しかった事か・・・。

読むたび泣いてしまいました。ありがとうゴザイマス。

馬鹿ルチが皆さんに可愛がられてたことが分かりウパを飼育している者としてはとても嬉しい事です。

完全な復活!とはなりませんが馬鹿ルチが飼い主に教えてくれた事を早く記事にしたくて

こんな時間に更新です(汗)

馬鹿ルチをこんなにも早く★にしてしまった事は飼い主の責任でしかありません。

前回の記事にコメを残してくださった方のを読んでよく思い出したり整理したりしてました。

まず、鰓に白いものが付着した時飼い主は「水カビ?」と思いました。

でも断定できない感じです。

水カビはタンポポの綿毛のような物なのでスグに見分けが付きますが今回の場合は

よく分からなかったんです。ブクブクだけの飼育にしていたため毎日水換えしてました。

それでこの状態?だったので塩浴をしました。(グッピーの大惨事もあったので)

っで馬鹿ルチ大暴れの末怪我をする。

鰓の先が玉状になる

毎日の水換えを続行するも飼い主2次感染したのかと怖くなり薬浴

それでもよくならず反対に食欲が落ちる

この時の水温は26度だったので水温対策に「作戦C」決行

馬鹿ルチ天に召される・・・・

飼い主が頑張っているように読み取れるでしょう?

手を尽くしたかのように思いませんか??

でも飼い主は大切な事を忘れてますね。

ウパは飼育水を綺麗に保つだけで殆どの悪い症状は改善されるんです。

飼い主は馬鹿ルチに「あれやこれや」と手を尽くしすぎてウパの治癒力の高さを忘れている状態でした

それどころか過度のストレスを与えていたんです。

これを馬鹿ルチを無くして訪問して下さった方からのコメで気づきました。

読んでいて当てはまる事ばかりです。

自分を責めてばかりいても仕方ない事なんですが

悲しい感情の次は怒りや苛立ち・・・といった感情が出てきます。

そして今は???

また悲しい・・・です。

でも最初の悲しいとは少し違う。   もっとウパの症状を見極める知識をつけないとダメだ!と思える

ようになりました。

これもコメを残してくださったみなさんのお陰です。

次元を手放さないで良かった~と今思ってます。

この子にも救われているんですよ!

1度手放そうとしたせいか次元は飼い主を何時も睨んでます。

ただ「餌クレ」って見てるだけなのかもしれませんが、お顔が凛々しすぎて睨んでるように見えるんです。

指もね前回写真を載せた時よりも再生してるんですよ!

この子は生きてるんですよね~!

馬鹿ルチより餌の食い付がよくてこの暑さにもかかわらず何の水温対策もナシで元気な次元を

見ていると、飼い主這い上がらないと!!と思わされてします~。

また頑張って更新しますのでこれからもよろしくお願いしますネ。

P1000951.jpg
見納めなんて言葉を知らない飼い主

↑馬鹿ルチの十八番「変顔」

P1000972.jpg
笑ってる・・・様に見える馬鹿ルチ(餌を食ってるだけです)
P1020313.jpg
飼い主を睨む次元(睨んでるように見えません?)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。