ジュジュ便り

ウパと熱帯魚に振り回される日々の模様とちょっとした日記です

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細菌感染

2009年11月11日(Wed) 11:30:15

ピッコロが☆に召されました。

昨日も飼育本やネットで調べてウパ飼育の先輩のアドバイスを聞いたりして

出来る事はしたのですが。

昨夜ピッコロ水槽の水深を下げました。濾過装置も外掛けから投げ込み式へ

飼育水にビタミン剤と塩を入れ水槽全体を新聞紙で包み3時ごろまで様子見。

次の日(今日)動物病院へ行くつもりでした。

もう素人だけでは無理だと思ったのでPCで検索するとウパの内科なら受診できる所を見つけました。

先ほど病院へ行く準備をしてピッコロを箱に移そうかと蓋を開けると

間に合いませんでした。

昨日までは無かったのに下あごが腫れてました

体や鰓からの白いモヤ・下あごが腫れる・・・細菌感染に間違いないと思います。

モヤが出てきたのはピッコロが家に来てそんなに時間が経ってないころです。

もしかすると発送でのストレスに加え飼育水の変化によるストレスに耐えられなかったのかもしれませ

ん。細菌感染は殆どの場合飼育水の汚れから発症したり怪我の傷口から感染したりします。

ただ過度のストレスからも発症することもあります。

ピッコロたちをお迎えする時特に水は作ってませんでした。

馬鹿ルチも次元もその他巣立ったウパ達も飼育水を用意してなくても大丈夫だったんです。

普段の飼育水にしてもバクテリア・濾過装置に頼って水換えの手間を減らす・・・より飼い主が

水換えの頻度を上げて常に綺麗な飼育水で飼う方法が自分には合ってた。

それは「熱帯魚を飼育しているんじゃないんですよ!同じように考えるのは良くない」と以前指摘され

た事があったからです。

何かあれば別水槽にて隔離・・・頻繁に水換え・・・それでよくならない時は状態により薬浴・・・

ピッコロたちが来てからバクテリアはまだ安定してるとは言いがたいです。

ピッコロの指が水カビにやられてたりデンデ・セルも白いモヤを体から排出中だったので

飼育水が安定していない中水換えしたのが不味かったのか??

少しでも何かあれば水換えして様子を見る・・・これ、ウパ界の常識です。



スミマセンダラダラ書いてますが、これを書きながら何が原因なのか知りたいんですよね。

ただ病院に連れて行きたかったな。

間に合わなかった事が今はとても辛いです。

PS元の飼い主さんへ

この様な事態になってしまったこと本当に申し訳なかったと思います。すみませんでした。

私よりもきっと辛い心情を考えると言葉が思いつきません。

でもデンデ・セルは元気です。鰓のフサフサが長くなってきました。餌の食いつきも良く

いつも2匹寄り添って仲良くしてます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。